レッスンは誰のため?何のため?

ーーー
きょうはアレクサンダーテクニーク教師養成コースの授業担当。

先生から言われたことを、言われた通りにできているかどうかに注意と努力のエネルギーを向けることは、その言われたことが自分の望んでいることに役立つならば自分にとって有益なので有意義だけど、

Continue reading

否定形の置き換えはやっぱり効果的

ーーー
きょうのレッスンでの一幕、

ベテランめちゃうまアマチュアトランペッターとのレッスンで、音を生むための息圧を作るときに骨盤が後傾し下半身が連動しないような動きになっていて、直接下半身の使い方をレッスンテーマにしようかと思ったが、

Continue reading

もっと穏やかになろう(笑)

– – –
普段から既成概念に合わないことを言ったり、聞いたこともないアイデアや事実を共有したりしているので、なんだか「刺激的」で「挑戦的」な雰囲気になってしまいがちですが、決して喧嘩を売るためにやっているのではないのであります(^^;)

一年一年、経験を重ねるなかで「刺激的」「挑戦的」な雰囲気があまりダダ漏れにならないように、新しかったり常識を揺るがすような中身のことでも、受け取りやすい提示の仕方や存在感を身につけていきたい。

Continue reading

「お金」を動機としない発信活動の意味

– – –
2017年1月29日、わたしが育った京都の地の楽器店(JEUGIA)で、講座を担当しました。

こういうオフィシャルな一般公開の場においては、実はアレクサンダーテクニーク教師としては京都デビューでした。

Continue reading

「頑張る」ということ、そして「責任感」について

自分にとってものすごく大事だったり、愛していたりすることに関しては、ときには自分の体調やほかの大切なものを一時犠牲にしてでも頑張るってことは当然ある。それは責任感というものだ。

でも、「他人に迷惑をかけるから」とか「周りが頑張っているから」自分を犠牲にするのはかなり危ない。

Continue reading

キャリアより能力よりステータスより大切なもの

– – – –
非常に個人的なことなのですが、 ふと気付いたこと、感じたことがありました。もしよければ、読んでください。
– – – –

音楽に触れてその良さや素敵さが感じられないとき、それは自分の場合、何かズレた精神状態のとき。

Continue reading