アレン・ヴィズッティに学ぶ、顎の位置と楽器の角度のシフト

– – – – –
アメリカのトロンボーン奏者、David Wilken氏のウェブサイトより、記事Jaw Position/Horn Angle Changes and Guess the Embouchure Type – Allen Vizzutti」を翻訳しました。



〜アレン・ヴィズッティに学ぶ、顎の位置と楽器の角度のシフト〜

Continue reading

ペダルトーンの練習の仕方について

– – –

アメリカのトロンボーン奏者 David Wilken 氏は、ハイスピードカメラなどを用いた科学的な手法で、金管楽器奏者のアンブシュアの分類と働きの研究を行っています。そして、その研究の要旨を自身のウェブサイトで公開しています。

その研究と理論に大変感銘を受け、わたしはご本人に連絡をして、一部の記事を日本語訳しこのブログに掲載しています。記事一覧はこちら

Continue reading