息は増やすのではなく、減らす〜低音域での安定性の培い方について〜

– – –
この記事は、アメリカのトロンボーン奏者の David Wilken 氏のウェブサイトより記事『Building Embouchure Stability In Low Range – 1Less Air, Not More!』を翻訳したものです。
– – –


〜鳴らすことより、機能が維持されたアンブシュアの形成を〜

Continue reading

一度バテると、もう高い音が出なくなってしまう…どうしたらいいの?

– – –
高校生ホルン吹きから、アンブシュアや高音、大音量に関する質問メールを頂きました。以下、2週間のスパンで行われたやり取りを掲載します。


– – – –
自分に合ったメカニズムと、楽器に合った音量で吹こう!
– – – –


Continue reading

自分のアンブシュアで、高音域がうまく出るようになった!

– – –
記事『演奏家のアンブシュアタイプ分析〜ホルン編その1〜』を読んだ高校生ホルン吹きから頂いたメッセージをご紹介します。


– – – –
自分のアンブシュアで、高音域がうまく出るようになった!
– – – –


Continue reading

マウスピースを当てるときの、唇のあり方について

– – –
この記事は、アメリカのトロンボーン奏者の David Wilken 氏のウェブサイトより記事『What Is the Rational For How You Set the Mouthpiece?』を翻訳したものです。
– – –


– – –
マウスピースを当てるときの、唇のあり方について
– – –

Continue reading