【声楽・場面転換のときに力む悩み】

歌詞の示す通りに音楽のストーリーが変わるようなところで力むとのご相談。ストーリーをふまえた「振る舞い」というところに着目しました。




【声楽・ちゃんと息を吸えたかどうか不安】

いま息をちゃんと吸えたかどうか?このフレーズに足りているのか?



それは、歌ってみないと分からないものかもしれません。投手の投げたボールがストライクになるかどうか、投げてみないと分からないように。




【声楽・音価に合わせた息の吸い方】

歌でも管楽器でも、ある程度熟達したら「これから奏でるフレーズ」に合致した量の息を吸わないと、多すぎても少なすぎても体が硬くなるような面があるのかもしれません。




【弱奏はしても体は弱々しくならない】

管楽器の弱奏時、リードや歌口に届く息の量は少なくなります。でもこれを『音を抑える』『息を減らす』と考えると弱々びびラートにもなりがち。弱奏時こそ息をたくさん吸うことで音を小さくできる方法があります。

https://t.co/UE0mso0vLy

続きを読む

【奏法ルールの正当性】

– – –
『音域やタンギングでアンブシュアが動いてはならない、動かない方がよい』という考え方や言葉はありふれています。

・うまく吹けない状況の人を見ていると動いていた
・うまくなるにつれ動きが目立たなくなった
・動かさないようにしたらうまくいくようになった

続きを読む

【京都1to1レッスン】

– – –
京都で、個人レッスンを行います。




続きを読む

【大阪1to1レッスン】

– – –
大阪で、個人レッスンを行います。




続きを読む

【アレクサンダーテクニークBefore↔After】

ピアノ演奏で比較
《やり方》
①頭を背骨の方に引き込む。これが逆アレクサンダーテクニーク

②それやめる。元に戻る動きがある。

③その動きを戻るだけでなくもっとやる。これがアレクサンダーテクニーク