【アレクサンダーテクニーク・レッスン】トロンボーン編その2 〜息の流しかたで使い分けるスラーとタンギング〜

- – –
トロンボーン演奏・そして管楽器の演奏において、
・スラーを滑らかにする
・タンギングを滑らかにする

その両方に共通する「息の流し方」についてのレッスンです。



続きを読む

「頑張る」ということ、そして「責任感」について

自分にとってものすごく大事だったり、愛していたりすることに関しては、ときには自分の体調やほかの大切なものを一時犠牲にしてでも頑張るってことは当然ある。それは責任感というものだ。

でも、「他人に迷惑をかけるから」とか「周りが頑張っているから」自分を犠牲にするのはかなり危ない。

続きを読む

【アレクサンダーテクニーク・レッスン】ホルン編その1〜音楽的であるとは?/唇を動かすこと・息を動かすこと〜

- – –
このレッスンでは、

①音楽的であるとはどういうことなのか
技術的なことを意識しない、というのが音楽的である条件ではない。技術的なことをたくさん意識しなければいけない状況でも、そのフレーズ・曲・パターンに取り組む理由や意図に音楽的目的があるかどうかなのではないか、という話
②唇を動かすこと
上下の唇の圧縮をどう生み出し、それをどうより自由で輝かしい演奏につなげるか
③息を動かすこと
息を動かす、という意識で演奏と表現のためのパワーを得るためにどうするか

続きを読む

【アレクサンダーテクニーク・レッスン】声楽編その1〜喉の力みを改善していく道筋〜

- – – –
このレッスンでは、

・姿勢を変え続けることで腹筋力を引き出すこと
・肩甲骨と鎖骨を動かすことで力みが解消したこと
・音域によって響かせる体の場所・位置を「骨」から見つける


ことに取り組みました。



続きを読む

【アレクサンダーテクニーク・レッスン】マリンバ編〜肩甲骨と鎖骨を動かせるようになって演奏がラクに〜〜

- – – –
プロの打楽器奏者との、マリンバの演奏をテーマにした実際のレッスンの様子です。

テンポが速くなるにつれて、身体が硬くなってマレットの動きが悪くなるのを感じていらっしゃって、それを改善しようというテーマです。

続きを読む

【アレクサンダーテクニーク・レッスン】トロンボーン編その1〜高い音をしっかり鳴り響かせる〜

- – –
このレッスンでは、トロンボーンで高い音鳴らしていくために

・マウスピースの移動軸
・アンブシュアの思い切った運動
・息の積極活用


から変化・上達の道筋を一緒に探っていきました。



続きを読む

【アレクサンダーテクニーク・レッスン】トランペット編その1〜高音を1ミリづつ上達させて、やがて得意になる練習方法〜

- – –
このレッスンでは、レッスンにいらしたその方の奏法・現況・個性に合った『いま・ここから一歩前に進むための練習方法』を一緒に探りました。



続きを読む

キャリアより能力よりステータスより大切なもの

- – – –
非常に個人的なことなのですが、 ふと気付いたこと、感じたことがありました。もしよければ、読んでください。
– – – –

音楽に触れてその良さや素敵さが感じられないとき、それは自分の場合、何かズレた精神状態のとき。

続きを読む