【旭川商業高校吹奏楽部でのレッスンを振り返って】

– – –
少し旧聞になりますが、10月に北海道の旭川商業高校吹奏楽部でレッスンをしてきました。
吹奏楽コンクール全国大会に過去10回出場している、いわゆる「強豪校」です。



続きを読む

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




教える、というアーティスティックな行為

– – –
ある方とメッセージでやり取りしていた内容。会話のコンテクストの中でのものなので、少し抽象的ですし、会話のコンテクストは記していませんので分かりにくいかもしれません。があくまで「レッスンする」ということについて考えることに興味関心がある方に役立てば、と考えここに掲載します。



続きを読む

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




【高校オーケストラ部の指導】

– – –
県立舩橋高校オーケストラ部でのレッスンに行ってきました。



続きを読む

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




【「やるべきでない」ことを教えるのは、教師として最下策】〜演奏家インタビュー/ナイジェル・ダウニング(Hr)第二回~

– – –
先日、翻訳を完了し秋に出版予定のナイジェル・ダウニング著“Singing on the Wind〜Aspects of Horn Playing~”。直訳すると「息に乗せて歌う」



続きを読む

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




【吹奏楽】配置を変えるだけで、サウンドの問題が一発解決!

– – –
中学校の吹奏楽部顧問の先生からメールを頂きました。



続きを読む

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




ウルフ・トゥーレ先生へのインタビュー

– – –
ホルンそしてアレクサンダーテクニーク両方に関するわたしの恩師、ウルフ・トゥーレさんへのインタビューシリーズが完結しました。



続きを読む

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




【自己コーチング法を求めて】

– – –
わたしのホルン&アレクサンダーテクニークの師匠、ウルフリード・トゥーレさんへインタビュー最終回です。



続きを読む

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




【動きをマスターする】

– – –
わたしのホルン&アレクサンダーテクニークの師匠、ウルフリード・トゥーレさんへインタビューその4です。



続きを読む

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




【生徒の論理的能力を尊重する教え方】

– – –
わたしのホルン&アレクサンダーテクニークの師匠、ウルフリード・トゥーレさんへインタビューその3です。話題は、わたしがトゥーレさんから続けて学びたいと思った、鮮烈で不思議な体験から、アレクサンダーテクニークのちょっと専門的な哲学の話へと進んでいきます。



続きを読む

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




【楽器を演奏していて、初めて身体が「ラク」に】

– – –
ドイツの学生時代、あらゆることが行き詰まって挫折し、もう学校を辞めてホルンも諦めようかと思っていた時期がありました。そのどん底の時期に、「辞める前にやれることはやってみよう」と思い直し、訪ねたのがホルン奏者でアレクサンダーテクニーク教師のウルフリード・トゥーレさん。



続きを読む

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。