わたしのアレクサンダーテクニークの流派性(ちょっと専門的)

– – –
アレクサンダーテクニークの世界には流派といいますか、異なる価値観とレッスンモデルに基づいたアレクサンダーテクニークの理解・活用の仕方がいくつかあります。

歴史的にそれぞれに発展していったいくつかの流派のなかで教師の数というところで主に三つの流派があると言えるかと思います。

Continue reading

レッスンは誰のため?何のため?

ーーー
きょうはアレクサンダーテクニーク教師養成コースの授業担当。

先生から言われたことを、言われた通りにできているかどうかに注意と努力のエネルギーを向けることは、その言われたことが自分の望んでいることに役立つならば自分にとって有益なので有意義だけど、

Continue reading

否定形の置き換えはやっぱり効果的

ーーー
きょうのレッスンでの一幕、

ベテランめちゃうまアマチュアトランペッターとのレッスンで、音を生むための息圧を作るときに骨盤が後傾し下半身が連動しないような動きになっていて、直接下半身の使い方をレッスンテーマにしようかと思ったが、

Continue reading

もっと穏やかになろう(笑)

– – –
普段から既成概念に合わないことを言ったり、聞いたこともないアイデアや事実を共有したりしているので、なんだか「刺激的」で「挑戦的」な雰囲気になってしまいがちですが、決して喧嘩を売るためにやっているのではないのであります(^^;)

一年一年、経験を重ねるなかで「刺激的」「挑戦的」な雰囲気があまりダダ漏れにならないように、新しかったり常識を揺るがすような中身のことでも、受け取りやすい提示の仕方や存在感を身につけていきたい。

Continue reading