演奏家のアンブシュアタイプ分析 〜トロンボーン編その1〜

– – – 前回のトランペット編に続いてこのシリーズ更新です。今回はトロンボーン編! このシリーズのバックナンバー: ・演奏家たちのアンブシュアタイプ分析〜ホルン編その1〜 ・演奏家たちのアンブシュアタイプ分析〜ホルン編その2〜 ・演奏家たちのアンブシュアタイプ分析〜チューバ編その1〜 ・演奏家たちのアンブシュアタイプ分析 〜トランペット編その1〜

演奏家たちのアンブシュアタイプ分析 〜トランペット編その1〜

– – – 前回のチューバ編に続いてこのシリーズ更新です。お待ちかね、トランペット編! このシリーズのバックナンバー: ・演奏家たちのアンブシュアタイプ分析〜ホルン編その1〜 ・演奏家たちのアンブシュアタイプ分析〜ホルン編その2〜 ・演奏家たちのアンブシュアタイプ分析〜チューバ編その1〜

演奏家のアンブシュアタイプ分析 〜ホルン編その2〜

– – – 今回の記事では、各タイプに関して、「わたしが感じること」という主観的な要素を敢えて加えたいと思います。 その意図は、わたしが自分と同じアンブシュアタイプ、そしてそうではないタイプに関してどのようなことを昔から感じてきたかを述べることによって、これをお読みのあなたも、あなた自身が常日頃内面的に「感じること」の意味がもしかしたらより明らかになるかもしれない、という可能性を思ってのことです。

演奏家のアンブシュアタイプ分析 〜チューバ編その1〜

– – – 前回のホルン編に続き、静岡県在住のチューバ奏者・酒井一人さんのリクエストを受けて、こんどはチューバ奏者たちのアンブシュアタイプを、酒井さんにご紹介頂いた映像による実例を挙げながら分析していきます。 では、始まり始まり。

演奏家のアンブシュアタイプ分析 〜ホルン編その1〜

– – – アメリカのトロンボーン奏者、ダグラス・エリオット氏とロイド・レノ氏が中心となって行っている研究により導き出されている、『金管楽器奏者のアンブシュア・タイプ』の分類。 詳しくはデイヴィッド・ウィルケン氏の記事『金管楽器奏の3つの基本アンブシュアタイプ』を翻訳したものをご覧頂きたいのですが、

わたしのアンブシュアは間違っていなかった!

– – – 記事『下唇の割合が多く息が上向きの奏者の、低音域の練習法』を読んだ、学校吹奏楽部のトランペット吹きから喜びのメッセージを頂きました。 金管楽器の世界では、おそらく持って生まれた解剖学的条件によって決まると考えられる、「三種類の基本アンブシュタイプ」が存在することが科学的に確かめられています。このうち、マウスピースの位置が低い位置に当たるタイプは、相対的少数派であるがために偏見を受けて苦労するひとがとても多いのです。

自分のアンブシュアで、高音域がうまく出るようになった!

– – – 記事『演奏家のアンブシュアタイプ分析〜ホルン編その1〜』を読んだ高校生ホルン吹きから頂いたメッセージをご紹介します。 – – – – 自分のアンブシュアで、高音域がうまく出るようになった! – – – –