練習メモ〜どんな感覚になっててもいい〜

– – – –
・特定の感覚を感じている必要はない、どんな感覚であってもいいので
・奏でたいものを奏でたいように奏でるために頭が動いて体全体をついていかせながら奏でる
・心身全体に「うまくなる」チャンスを繰り返し与える。直し・訂正をしなくていい




Continue reading

音楽活動は、演奏活動だけじゃない!

– – –
ニューヨーク・フィルの2番ホルン奏者、アレン・スパンジャーさんは、アレクサンダーテクニークの教師資格も持っておられて、ニューヨークの音楽学校で教えておられます。

ジュリアード音楽院を卒業したあと、フリーランス演奏家として活動しながら、生計を確立する手段のひとつとして、指導活動に興味があったとのこと。

Continue reading