表現することと、練習することが矛盾しない『練習のやり方』

– – –
「音楽的に表現することと、技術的な訓練をすること」
「本番で演奏することと、練習室で練習をすること」
「音楽を楽しんで演奏することと、正確な技術を身につけていくこと」

….これらは音楽活動の根本的な側面でありながらも、とくにクラシック音楽や学校吹奏楽、学校合唱などでは葛藤したり対立したり、矛盾したりしがちなのが実状ではないでしょうか。

Continue reading

「正しい姿勢」の長年の疑問に答える

– – –
わたしのアレクサンダーテクニークの恩師で、BodyChanceの校長先生でもあるジェレミー・チャンスさん。

半年ほど前 、顎を痛めてホルンの演奏にすごく不安を感じていた時期に、
楽器を演奏しているところを見てもらって、アドバイスを求めました。

Continue reading

わたしのアレクサンダーテクニークの流派性(ちょっと専門的)

– – –
アレクサンダーテクニークの世界には流派といいますか、異なる価値観とレッスンモデルに基づいたアレクサンダーテクニークの理解・活用の仕方がいくつかあります。

歴史的にそれぞれに発展していったいくつかの流派のなかで教師の数というところで主に三つの流派があると言えるかと思います。

Continue reading

管楽器のための バジル先生のココロとカラダの相談室 〜もっと楽しくて、もっとハッピーな音楽生活を!〜

– – –
【今すぐできる よくわかる アレクサンダー・テクニークセミナー】

管楽器のための バジル先生のココロとカラダの相談室
〜もっと楽しくて、もっとハッピーな音楽生活を!〜


Continue reading