わたしのアンブシュアは間違っていなかった!

– – –
記事下唇の割合が多く息が上向きの奏者の、低音域の練習法を読んだ、学校吹奏楽部のトランペット吹きから喜びのメッセージを頂きました。

金管楽器の世界では、おそらく持って生まれた解剖学的条件によって決まると考えられる、「三種類の基本アンブシュタイプ」が存在することが科学的に確かめられています。このうち、マウスピースの位置が低い位置に当たるタイプは、相対的少数派であるがために偏見を受けて苦労するひとがとても多いのです。

Continue reading

息は増やすのではなく、減らす〜低音域での安定性の培い方について〜

– – –
この記事は、アメリカのトロンボーン奏者の David Wilken 氏のウェブサイトより記事『Building Embouchure Stability In Low Range – 1Less Air, Not More!』を翻訳したものです。
– – –


〜鳴らすことより、機能が維持されたアンブシュアの形成を〜

Continue reading

一度バテると、もう高い音が出なくなってしまう…どうしたらいいの?

– – –
高校生ホルン吹きから、アンブシュアや高音、大音量に関する質問メールを頂きました。以下、2週間のスパンで行われたやり取りを掲載します。


– – – –
自分に合ったメカニズムと、楽器に合った音量で吹こう!
– – – –


Continue reading