表現することと、練習することが矛盾しない『練習のやり方』

– – –
「音楽的に表現することと、技術的な訓練をすること」
「本番で演奏することと、練習室で練習をすること」
「音楽を楽しんで演奏することと、正確な技術を身につけていくこと」

….これらは音楽活動の根本的な側面でありながらも、とくにクラシック音楽や学校吹奏楽、学校合唱などでは葛藤したり対立したり、矛盾したりしがちなのが実状ではないでしょうか。

Continue reading

「正しい姿勢」の長年の疑問に答える

– – –
わたしのアレクサンダーテクニークの恩師で、BodyChanceの校長先生でもあるジェレミー・チャンスさん。

半年ほど前 、顎を痛めてホルンの演奏にすごく不安を感じていた時期に、
楽器を演奏しているところを見てもらって、アドバイスを求めました。

Continue reading

アンブシュアについて自分で考え自分で決めることで得られた成長

– – –
記事『奏法の個人差に理解のない指導者に間違った指導を受けた時、どうしたらいいのか?』 のきっかけとなった大学生ホルン吹きから、その後の進展に関してメッセージが届きました。


〜見た目だけで、証拠もなく断定されるレッスンが億劫だった〜

Continue reading

曲だと調子が良く、基礎練習だと調子が悪いひと(金管)

– – –
スケールやアルペジオなど『基礎練習』をしていると調子が悪くなるが、もっと複雑なはずの曲を吹いてると調子が良い、というひとはかなりたくさんいる。

その中で、基礎練と曲ではアンブシュア動作が不思議なことに逆になってるケースにたまに出合う。

Continue reading