オンライン・レッスンの開始を目指します

– – –
〜オンライン・レッスンを準備中〜

いま、わたしが所属するBodyChanceでは来年度中になんらかの形で、
「オンラインで学べる、演奏と指導のためのアレクサンダーテクニーク」
のレッスンの提供を目指しています。

Continue reading

【アレクサンダーテクニーク・レッスン】中学生ピッコロ編〜高音を出す時に力が入って出なくなってしまう時は?!〜

– – –
・出しやすい音から発音して、そこから出しにくい音に繋げて練習するというアプローチ
・失敗しそうでも、エイっと吹いてしまえばうまく当たることも!
・良い体験の積み重ねが、合奏や本番の成功率を徐々に高めてくれる



Continue reading

【アレクサンダーテクニーク・レッスン】トランペット編その4〜個々の演奏技術とアレクサンダー・テクニークを組み合わせる〜

– – –

・唇とマウスピースのセッティングすること
・呼吸の圧力を作ること
・長いフレーズをもたせること

といった、トランペット演奏を成立させる演奏技術を用いるそのときに、アレクサンダーテクニークを使いながらそれらの演奏技術を実行するということに取り組んだレッスンです。

Continue reading

トランペット:高音のツボにどうはめる?

– – –
この動画では、トランペット愛好家の方と音域の移動に伴う「マウスピースとアンブシュアの一体的移動」と、タンギングの仕組みから考えるアンブシュアの使い方についてレッスンしています。高音が明らかにツボにはまり、響いていく様子がしっかり映っています。ぜひ参考にしてください。



Continue reading

高音のアンブシュアで低音を吹く

– – –
洗足音大卒業の佐藤義高さんとのレッスンの様子です。時折、アンブシュアが揺れたり震えたりして演奏が不安定になっていたのですが、彼自身の吹き方のタイプとして、高音寄りになると安定してうまくいっていたところに着目し、その吹き方を継続しながら低音を吹く、というアプローチで劇的に安定感と音の伸びがもたらされました



Continue reading

からだの「ねじり・ひねり」をうまく使ってみよう

– – –
札幌交響楽団首席ホルン奏者の山田圭祐さんと行ったレッスンの様子です。ホルンを構えるときに起きる体の「ねじり・ひねり」を意識的に活用することで、息の流れが良くなり、音がさらに伸びていきました♪



Continue reading