ウルフ・トゥーレ先生へのインタビュー

– – –
ホルンそしてアレクサンダーテクニーク両方に関するわたしの恩師、ウルフ・トゥーレさんへのインタビューシリーズが完結しました。





インタビューを振り返ると、

◎「師匠の言うことは黙って聞く」という文化を良しとしない
◎ 自分で考え、自分でできるようになることにこそ関心がある
◎ いろいろな種類の仕事を手がけ、企画している


という点が、ぼくの恩師になるべくしてなったんだだな….と感じました。
いずれも、現在よりやるのが簡単でない時代にすでにやっていらしたと思うと、すごいなと思います。

第1回
【歌の先生のおかげで、音域が5度広がる!】

第2回
【楽器を演奏していて、初めて身体が「ラク」に】

第3回
【生徒の論理的能力を尊重する教え方】

第4回
【動きをマスターする】

最終回
【自己コーチング法を求めて】



Basil Kritzer

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です