【アンブシュアが揺れ、唇から息が漏れていた生徒さん】

– – –
【大きな前進】

なぜだか音が全然出なくなってしまった、と悩んでいらした趣味のホルン吹きの方。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA


アンブシュアが揺れ、唇から息が漏れ、音はプスプスとなってしまい…なかなか大変そうな状況でした。



調べているうちに、マウスピースがほとんど唇に触るだけぐらいでプレスがほとんど行われていないのに気付き、プレスすることを大雑把にでもしっかりやってもらうとすぐにアンブシュアも音も安定し始めました。



最終的には、『両腕の力が抜けすぎ』で、楽器を「手首で吊っている」だけ、というような構え方になっているのが、マウスピースのプレスが全然ない状況を生んでいたのが分かってきました。

一昨日に別の方とのレッスンでもやってみたことなんですが、楽器を斜め上前方に持ち上げて、腕をしっかり伸ばしてもらいました。

わたしはそれをちょっと押し返して負荷をかけつつ。腕のウォームアップです。



そうやって「腕の力を使う」感覚を思い出してもらって構えてもらうと、プレスも機能してアンブシュアも音も随分と安定しました。

一回のレッスンで、スタートと終わりではかなり大きな前進となりました。


Basil Kritzer

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です