音が割れてしまう….どうしたらいいの?

きょうは、「音が割れてしまう」ことに悩んでいる高校生とのQ&Aをお届けします。

 


  • 音が汚い
  • 音が割れてしまう
  • 音が粗い
 

とお悩みの方は必見です!

 

 

 

【質問】

 

自分は高校からホルンを始め、今二年目です今年のコンクールメンバーにも選ばれ、ただいま猛練習中です。

 

様々な問題点はあるのですが、今一番言われていることがありますそれは、「音が荒い」や「音が割れやすい」というものです

 

特に高音や大きな音を出そうとするとそうなってしまいます何か改善する方法、練習はあるのでしょうか?

 

それと、なぜ「音が割れて」しまうのでしょうか?

 

 

 

【回答】

 

 

ほんとうに割れた音になっているのか?

 

つかぬことをお伺いしますが、

 

あなたの音は本当にほんとうに割れているかな?

 

 

まず確認しておきたい大事なことは、割れている / 荒れている とひとに言われるその音は「本当に割れている / 荒れているのか?」ということです。

 

ホルンの音色は実に多彩です。あまりホルンを知らない人や、ユーフォウムのような柔らかく丸い音「だけ」を「良い音」なんだと思い込んでいる人からすると、ホルンの本当の響きや多様性を「悪い」と決めつけることがあります。

 

ぜひぜひ、様々なオーケストラやホルンアンサンブル、ソロのCDを聴いてみてください。演奏会にもでかけてみましょう。ひょっとしたら、周りが「割れている」「荒れている」と言う音を素晴らしい奏者たちはちゃんと鳴らしているかもしれません。

 

 

なので、

 
  • 本当に自分の音は荒いのか?
  • 割れているのか?ダメなのか?
 

自分に問いかけてみましょう。そして機会があればプロのオーケストラの先生に一度習って尋ねてみるのもよいでしょう。

 

 

 

音が割れる/荒れる原因

 

さて、本当に音が良くない意味で割れている、荒れているのだとしたらその原因は何なのでしょうか?

 

高い音や大きい音、とおっしゃているので、おそらく息のスピード・圧力の作り方に起因しています。

 

 

大きい音や高い音は、大雑把に言うと「息のパワー」が必要になります。

 

息が外に流れようとする量(大きい音の場合)、力・スピード(高い音の場合)が増しています。その増し方には二つあります。

 

 

1:息の通り道を狭くする方法

 

「エー」や「イー」と声に出してみてください。

そのとき、舌の根っこの方が上にあがっていますね。

 

こういう状態にすると、息の通り道が一部狭くなります。

すると、息は口から出るときにスピード・圧力が増します。

 

ホースを指で抑えると、ピューッと勢い良く水が出ますね。それと似ています。また、首やのどのあたりに力を入れるとやはり息の通り道が狭くなるので、息が外に流れるときの勢いは強まります。

 

舌で通り道の形を変えること。これは「悪い」わけではありません。むしろおそらく「必要」です。ですが、大きい音に必要な息の「量」はこれでは確保できません。また高い音に必要な「力」も舌だけに頼ると無理があります。

 

首やのどに力を入れる方法。これは緊急手段であり、あまりコントロールしやすい方法ではありません。大変です。

 

 

2:息を吐く力をもっと積極的に使う方法

 

息を吐くのは、腹筋と骨盤底の筋肉の力です。

 

なので、大きい音や高い音に必要な息の量や力・スピードを得るためには、腹筋や骨盤底に仕事をしてもらうとよいのです。

 

このあたりはとても強く、スタミナがあります。

そして吐いている息自体を根元からコントロールしています。

 

ですので、高い音や大きい音を出すためにはとても助けになります。

 

 

3:二つのバランス

 

上に挙げた二つの方法。これのバランス(ブレンド・割合・混ざり具合)が崩れると、音が荒れたり割れたりします。方法1に頼り過ぎたときです。

 

ですので、簡単にまとめると「腹筋と骨盤底を積極的に使おう!」ということになります。

 

もうひとつだけ知っておくと良い事は、大きい音のときはとくに「唇をちょっと緩めるといい」ということです。高い音を吹くときも、発音したあと少し息を余計に吐き、同時に唇を緩めてあげると、音がふくよかになり、豊かになります。

その詳細はこちらをご覧下さい「息と唇の助け合い」

 

 

ぜひ、お試しあれ!

 




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *