大音量のアンブシュアコントロール

– – –
きょうレッスンにいらしたホルン演奏愛好家の方。
『大音量だと思うような感じで音を鳴らせず、バテぎみ』
ということを改善したいとのこと。





シベリウスの交響曲第2番を題材に演奏して下さったのを見ると、ほとんど問題ないのだが、

敢えて言えば『アンブシュアのコントロールが受け身』か?



そこで、このエクササイズをやってみることにした。

『唇と息の助け合い〜ダブルパラメーター・エクササイズ〜』http://basilkritzer.jp/archives/1468.html


・inF五線内の実音Ebと、
・曲中の実音ハイHで、
このエクササイズをしたら、

音程を保ちつつ音量を変える手応えを感じられた模様。



そこで曲に戻ると、客観的には

・音の質(響き、飛び)
・音程 

が明らかに向上。音量感も増えた。



本人はすごく手応えがあったようで

『曲を吹きながら「何をしたらいいか」がすごくはっきり分かる感じがします!』

と晴れ晴れとした表情で仰ったのが印象的だった。



こうやって、

・手順を後で覚えておけるようにはっきり、わかりやすく言語化し

・やってみるとどうなるだろう?という好奇心をベースにした実験を設定し、

・その結果から手応えや改善を得る。

それが教えるということと、練習するということが同じになる流れかもしれないと感じる。

探究しよう。

Basil




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *