数ヶ月前のソロがうまくいかなかったことを、繰り返し思い出し悩んでしまう学生

– – –
吹奏楽部に在籍する学生さんから、メールで相談が来ました。そのやり取りをご紹介します。





【学生】

私は学生最後のコンクールで
ミスをしてしまいました。

ソロのような部分で音を
外してしまったのです。

そのフレーズを失敗しないよう
今まで何度も練習し、
外さないためにはどうすれば
いいか追求していきました。

コツがつかめてきて、音を
外さなくなったのですが
本番で外してしまいました。

これまで、コンクールの
結果がよくなくても
精一杯演奏した結果なら
あまり落ち込まなかったのですが
今回は目立つ部分でのミスと
なってしまい、これまでにない
絶望的な気持ちです。

数ヶ月たったいまでも
毎日ミスしたことばかり
考えてしまい、その時の
音源を繰り返し聴き
この時に戻ってやり直したい
という気持ちや、
自分ではない人がやれば
良かったのではないか、など
考えてしまいます。

毎日毎日このようなことを
考えてばかりいるのはもう
苦しいです。

まだ、引退はしておらず、
引退後も楽器を続けたいと
考えています。

楽器や吹奏楽は好きですし
コンクールも乗りたい気持ちは
あるのですが、ソロに対しては
恐怖心があり、もうやりたくないと
いう気持ちがあります。

この絶望から立ち直るには
どうすればいいでしょうか?


【バジル】

音楽の演奏は、100%ミスををするものです。
世界一うまいホルン奏者でも、ソロ曲を2回演奏したら一箇所ははっきりと音をミスします。

だから、あなたのしたミスは、音を外した・音をミスしたことでなく、
「ミスをしないための練習」にエネルギーを注いだことです。

それをやっちゃうと、いざミスしたときに裏切られたような気持ちになり、
落ち込みます。

完璧に演奏するための練習、
より確実に演奏するための練習。

それはできますよ。

でも、それは「ミスををしないための練習」ではなくて、「自分が思い描く素敵な演奏に近づくための練習」なんです。

あなたにぴったりな記事がこちら:
本番の緊張に負けてしまう危険が高い練習のやり方とは?

そしてもっとぴったりな本がコレ。
マンガとイラストでよくわかる 音楽演奏と指導のためのアレクサンダーテクニーク〜実践編〜

参考にしてください。



【学生】

ご返信ありがとうございました。

メール、ブログを読み、
大会前の自分の練習のやり方に
問題があることがわかりましたし、
思い返すととても疲労のたまる
やり方でした。

今回、そのような練習をしたため、
数ヶ月たったいまでもそのミスが
忘れられず、ひどく落ち込み
毎日考え込んでしまって
とても苦しいのですが
この感情に対して何かいい
対処法はありますか?



【バジル】

友達に話を聞いてもらう!
泣き叫ぶ!
美味しいもの食べる!
自然に触れる!
運動する!


– – -一週間後- – –


【学生】

バジル先生こんにちは。
先日はお返事ありがとうございました。
コンクールが終わってから
音源を聞く度落ち込み苦しむ
日々でしたが、先生に相談した
おかげか、音源を聴いても
不思議とミスと感じず、
ミスというよりは少し上手く
いかなかったように感じ、
自分の吹いた音を受け入れられる
ようになり、これまで苦しんで
いたことがスッと消えていきました。

これまで、合奏などで
つかまったとき、失敗を
恐れ、結果的に実力を発揮
できていなかったのですが、
音楽をしたいという気持ちを
1番に考えた時、上手くいく
ようになりました。

また、先生のブログの中に
あった、自分がしたミスは
気になるのに他人がミスした
時は気にならない、というのも
とても共感できるものでした。

先生に相談することができ
本当に良かったです。
ありがとうございました。
これからも音楽をしたいと
いう気持ちを大切に楽しんで
続けたいと思います。
また何かありましたら
ご相談させてください。
本当にありがとうございました。
長文失礼致しました。



【バジル】

ほんとによかったですね!!

「失敗を恐れる」

この気持ちは誰にでもあるし、消せないものだと思います。

でも、その恐れを理由に、
自分のやりたいことや自分にとって大事なことを曖昧にしてしまったり、
歪めてしまったりすると、

そこで悶々とした苦しみになるのかもしれませんね…。

いまのわたし自身のことでも改めて考えさせられました。


Basil



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *