演奏家のアンブシュアタイプ分析 〜トロンボーン編その1〜

– – –
前回のトランペット編に続いてこのシリーズ更新です。今回はトロンボーン編!

このシリーズのバックナンバー:
演奏家たちのアンブシュアタイプ分析〜ホルン編その1〜
演奏家たちのアンブシュアタイプ分析〜ホルン編その2〜
演奏家たちのアンブシュアタイプ分析〜チューバ編その1〜
演奏家たちのアンブシュアタイプ分析 〜トランペット編その1〜



では、始まり始まり。



【アンブシュアタイプとは】

詳しくはこちら『金管楽器の3つの基本アンブシュアタイプ』または、金管楽器アンブシュア・レクチャー動画をご覧いただくとして、金管楽器奏者のアンブシュアは2つの指標から三種類のタイプに分類することができます。


指標1:マウスピースの中の息の方向

A:マウスピースのリムの中で、上唇の割合の方が多い奏者は、息が下向きに流れます。

B:マウスピースのリムの中で、下唇の割合の方が多い奏者は、息が上向きに流れます。

これは、正確には透明マウスピースを用いて見分ける必要があります。


指標2:マウスピースとアンブシュアの動きの方向

a:音を上昇するにつれて、マウスピースとアンブシュアが一体的に上方向へ、音を下降するときに下方向へ動く奏者。

b:音を上昇するにつれて、マウスピースとアンブシュアが一体的に下方向へ、音を下降するときに上方向へ動く奏者。


〜3つのタイプ〜

指標1においてAの奏者は、指標2においてaの運動を用いる奏者と、bの運動を用いる奏者に分かれます。

指標1においてBの奏者は、指標2において必ずbの運動を用いています。

したがって、

Aa=超高位置タイプ
Ab=中高位置タイプ
Bb=低位置タイプ


の3タイプに分かれることになります。



【各タイプについて】

Aa=超高位置タイプは、ごく一般的なタイプです。音は明るく軽く、輝かしい傾向があります。

Ab=中高位置タイプは、おそらく最も多いタイプです。音は柔らかく太く、暗い傾向があります。

Bb=低位置タイプは相対的少数派で、多くとも金管楽器を通じて20%ほどだろうと思われます。音は明るくも強い張りを持ち、密度が高く印象的です。


中高位置タイプと低位置タイプを正確に見分けるには、透明マウスピースを用いる必要が出てくることがあります。指標2の動きが同じだからです。とはいいつつも、典型的で、そうしなくても見分けがつくこともよくあります。


【低位置タイプについて】

少数派が故に否定されたり間違った指導の被害を受けたりすることが多く、ポテンシャルを引き出すことに苦労させられている傾向があるといえるでしょう。

しかし、金管楽器の世界のなかでは、トランペットの指導文化が最もこのタイプに寛容であり、そのおかげでこのタイプの奏者のサンプルも見つけやすいのが特徴です。ジャズ・クラシックどちらにおいても比較的、低位置タイプを異端視しないと言えると思います。ただし、ジャズトランペット界の方がより寛容と思われます。

トロンボーンも同様に、ジャズトロンボーン界においての方が、この低位置タイプに対する偏見が少ないように思われます。

残念ながら、ホルンの世界がもっとも低位置タイプに対する偏見が強いと言えると思います。



【トロンボーンの特徴】

今回、映像を用いて分析していて感じたのは、中高位置タイプと低位置タイプに関しては動きがかなり見えづらかった、ということです。普段レッスンで生で観察するときはあまりそう感じたことは無かったのですが、映像に収められている楽曲のインターバルや見ることのできる距離感という条件下では他の金管楽器より動きが見えづらかったのが驚きでした。

反対に超高位置タイプは他の楽器よりも動きが見えやすく感じました。

理由は分かりませんが、おそらく、マウスピースの大きさが何か関係しているように思います。



【演奏家たちの実例を映像を用いて分析】


《1》超高位置タイプ

〜ジョゼフ・アレッシ〜



・高い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを上へ。低い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを下へ動かしています。

・その上下の軸は、ほぼ垂直ですが本人から見てわずか右に傾いており、「右上⇄左下」の動きになっています。この傾きは、アレッシ氏の個人差の部分です。

・6:19~のカデンツァ部分でこの動きが分かりやすい現れています。


〜マーティン・ウィルソン〜



・高い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを上へ。低い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを下へ動かしています。

・その上下の軸は、本人から見て少しに右に傾いているように思います。「右上⇄左下」の動きになっています。この傾きは、ウィルソン氏の個人差の部分です。

・1:10~曲の冒頭のが低音域から高音域へ移行するところをはじめ、全編にわたってこの動きが分かりやすく現れています。


〜イアン・バウスフィールド〜



・高い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを上へ。低い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを下へ動かしています。

・その上下の軸は、本人から見て分かりやすく左に傾いており、「左上⇄右下」の動きになっています。この傾きは、バウスフィールド氏の個人差の部分です。

・全編通じて動きが分かりやすく現れています。


✳︎超高位置タイプの特徴・傾向✳︎

これら超高位置タイプの奏者の特徴として、しっかり超高位置タイプのメカニズムに則って演奏しているときにアンブシュアタイプの研究者たちが感じている傾向や、レッスン経験からわたしが感じている傾向を挙げると、

・高音域はどんどん伸ばしていける
・音色は、明るい・軽い
・半音階のスラーや自然倍音を順に上昇・下降する練習法が向いていそう。
・唇を寄せる・絞る運動を実感しやすい
・グリッサンドやスラーは得意そう

といったところが興味深い点です



《2》中高位置タイプ

〜ジェイ・フリードマン〜



・高い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを下へ。低い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを上へ動かしています。

・その上下の軸は、本人から見て左に傾いており、「左下⇄右上」の動きになっています。この傾きは、フリードマン氏の個人差の部分です。

・フリードマン氏の場合、この動きが非常に明確で、かつ大変上手にコントロールされています。41:03~あたりが特に分かりやすいです。


〜ゾルタン・キス〜






・高い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを下へ。低い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを上へ動かしています。

・その上下の軸は、本人から見て左に傾いており、「左下⇄右上」の動きになっています。この傾きは、キス氏の個人差の部分です。

・とんでもない超絶技巧の曲が多かったのであえて大人しい1個目の動画で見ると、たとえば0:23~あたりフレーズでそれが分かりやすくなります。


〜クリスチャン・リンドベルイ〜



・高い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを下へ。低い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを上へ動かしています。

・その上下の軸は、本人から見てわずかに左に傾いており、「左下⇄右上」の動きになっています。この傾きは、リンドベルイ氏の個人差の部分です。

・全体的に動きは非常に小さく分かりにくいですが、2:40~のところそのなかでは比較的現れているように思いました。



✳︎中高位置タイプの特徴・傾向✳︎

これら中高位置タイプの奏者の特徴として、しっかり中高位置タイプのメカニズムに則って演奏しているときにアンブシュアタイプの研究者たちが感じている傾向や、レッスン経験からわたしが感じている傾向を挙げると、

・音色は柔らかい、あるいは暗いまたは太い。
・跳躍や柔軟性に優れている。
・太い音色のまま高い音を吹こうとしがちで、結果高音域に困難を感じていることがある。
・スラーならジグザクで進んだり、タンギングならアルペジオを利用すると良さそう。
・スラーもタンギングも、ゆっくりよりかなりスピード感をつけた方がうまくいきやすい。
・唇を絞る・寄せるより、挟む・閉じるという感覚の方がしっくり来やすいか。
・このタイプに則った動きをしないと、音を上がるときに「上唇にプレスしすぎる」ような現象が起きることが見受けられる

といったところが興味深い点です。



《3》低位置タイプ

〜トロイ・アンドリュース〜



・高い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを下へ。低い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを上へ動かしています。

・その上下の軸は、本人から見て左に傾いており、「左下⇄右上」の動きになっています。この傾きは、アンドリュース氏の個人差の部分です。

・1:40~くらいからが、高音に上がっていくときに、分かりやすくはないですがこの動きが現れています。


〜ディック・ナッシュ〜(向かって左側、白シャツの奏者)



・高い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを下へ。低い音にいくにつれ、マウスピースとアンブシュアを上へ動かしています。

・その上下の軸は、本人から見て右に傾いており、「右下⇄左上」の動きになっています。この傾きは、ナッシュ氏の個人差の部分です。

・動きはかなり小さいですが、3:00~くらいからが、ある程度分かりやすくなっています。

(・ちなみに隣の奏者は、右上⇄左下の超高位置奏者だと思います)


✳︎今回のこの記事の作成に使えた時間内では、低位置タイプとほぼ安心して言える奏者の映像がジャズ奏者やスタジオプレイヤーに偏りました。しかし映像での稀さより、現実にはもっと(多くて2割ほど)低位置タイプの奏者はクラシカルな奏者にもちゃんと存在します。また低位置タイプが故に劣るということは一切ありませんのであなたが低位置タイプだとすればどうぞご安心ください✳︎


〜動画はないけれど、アンブシュアタイプの専門家によって、「低位置タイプ」と分類されている奏者の例〜

・ラッセル・マクキーニー(ユタ交響楽団)
・カイ・ウィンディング(故人・ジャズ奏者)
・ロブ・マクコネル(ジャズ奏者)



✳︎低位置タイプの特徴・傾向✳︎

これら低位置タイプの奏者の特徴として、しっかり低位置タイプのメカニズムに則って演奏しているときにアンブシュアタイプの研究者たちが感じている傾向や、レッスン経験からわたしが感じている傾向を挙げると、

・金管に共通して、相対的少数派である。
・そのため、このタイプの存在と機能の仕方を理解しない奏者や指導者に間違った指導を受け、調子を崩したり潰されたりしがちである。
・音色は明るいが、強い張りや密度がある。
・マウスピースとアンブシュアのセッティングがハマっていれば、あらゆるテクニック領域をこなせる。
・反面、マウスピースとアンブシュアのセッティングや関係がズレると、崩れやすい脆さがある。
・この特質と関係するのか、音階やスラーなどよりは、単音のアタックやロングトーンなどの練習が向いているようなケースが見受けられる。

といったところが興味深い点です。


– – –
以上、金管楽器奏者のアンブシュアに見いだすことができる3つのタイプに関し、それぞれの実例を映像で紹介しました。

「このひとの場合は?」

という分析リクエストがあればぜひ、見やすいアップの映像リンクとともにこの記事にコメントくださいね。

ホルン編、チューバ編、トランペット編、トロンボーン編それぞの続編もやりたいので、ぜひそちらも映像をお知らせください。
特に、相対的少数派である低位置タイプの映像を集めたいです。

✳︎これまでのタイプ分析関係の記事一覧はこちら✳︎


Basil Kritzer



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *