【ホルン・跳躍と高音をもっとラクに吹くために】


【ホルン・跳躍や高音をもっとラクに吹くために】






①アンブシュアモーションを調べて、分かったら意識的に実行。

②あまりひねらなくて済む、効率的な構え方で息の流れを改善。

これで、はじめ出なかったハイDがキレイに当たるようになっていきました。

そのあと、いきなり、ハイFが見事ヒット!

その後は、高音チャレンジやアンブシュアタイプをふまえた練習法などを重ねていきます。

ぜひご覧になって、参考にしてください。

最後に高音域の開発と安定に必要な、「低音」の吹き方・練習の仕方を説明&実践。

Basil Kritzer

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です