気付くこと

楽器の練習をするときに、どういったことに気付きがあるでしょうか?


きっと音が望み通りだったかそうでないかは、ほぼ全ての人が「楽器を演奏しているとき」には気が付いているでしょう。





では一体、音を出しているのは何でしょう?

「自分自身」ですよね。

みなさん、楽器を演奏しているときに、どれくらい「自分自身」に気が付いていますか?



「自分自身」は、

「音を出す」
「音をイメージする」
「楽器を持つ・動かす」
etc..

これらを全てやっています。



音をイメージしているとき、自分は何をしているでしょう?何をどのように考えているでしょう?

息を吐くとき、それをどのように考え、どのようにやっているでしょう?

楽器を持ち上げるとき、頭や首はどのように動いているでしょう?胴体は?腕は?脚は?



練習を始めるとき、自分自身はどういう気分で、何をどのように考え、どのような体の状態でスタートしていますか?

練習後は、自分自身はどんな感じがしますか?何か身体に変化はありますか?



本番前、自分はどのように動いていますか?楽でしょうか、身体がこわばってるでしょうか?何を考えたときにこわばってるでしょうか?




これ全部、「自分自身」です。



どうやって、「自分自身」に気付くことができるか?


簡単です。

音を聴いて音に関して気付けるように、自分自身を見て聴いて感じれば良いのです。

ただ「自分自身」に注意を向けるだけで良いのです。



変化のための初めのステップとして、気付く事・認識することはとても有効です。


楽器を練習するとき、音とともに、音を考えそして音を創っている「自分自身」を観察してみましょう。楽器自体にこだわる以上に、大きな発見があるかもしれません。


ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です