ストーリーで取り組む高音域

– – –

一瞬ダブルハイE(*≧∀≦*)






きょうは、

『ジャングルで金切り声をあげる猿』

を表現するつもりで高音域に取り組みました。(笑)


高音のためのセットというか支え・必要なある種の固定を引き出すのに効果的でした。

また、こうしてストーリーなりメッセージを表現する・語ることを、テクニカルな練習に取り組んでいるあいだも楽器を吹くことの主眼・主目的・理由にしっかり据え続けることは、誰にとっても

・うまくいくかどうかという意味もなく助けにもならない心配
・こんな自分ではダメなんじゃないかという役に立たない自己否定
・こんな奏法ではダメなんじゃないかという足を引っ張るような疑念

を遠ざけ徐々に無効化し、

・前向きに
・クリエイティブに
・楽しく


演奏したり練習したりすることを促進し、「本番でやること=ストーリーを奏でること」をうまくいかせることにつながるのではないかな、と益々感じます。

Basil



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *