苦しかった高音が、とてもラクに出るようなった!

– – – –
トランペット歴20年の愛好家から、メッセージを頂きました。
– – – –


〜3時間近く練習しても、高いAの音が出てくる曲を難なく吹けるようになりました〜




はじめまして!

最近、バジル先生のブログを知り、読んで実践してみると大きな変化がありましたので、報告させていただきます。


私は小学校からトランペットを始め、もう20年以上吹いていますが、ずっと高い音と大きな音が苦手でした。

高い音と大きな音は、経験を重ねるうちに自然と出るようになるものだ、と思い練習に取り組んできましたが、ずっと苦手なままでした。

唇がとても薄く、「私は高い音と大きな音が出ない体質なんだ」と諦めていたとき、バジル先生のブログを見つけたのです。


アンブシュアの記事を読んで、私は「低位置タイプ」ということを知りました。

そこから、無我夢中で記事を読み漁り、

・頭を自由に動けるようにする。

・マウスピースはプレスしてもよい。

・しかし、頭をマウスピースに近付けるのではなく、腕の力を使って、楽器を唇に引き寄せる。

・でも、唇は前へ向かうと意識する。

・高音を出すときは、マウスピースを下方(私の場合、右下)へ移動させる。

・息は肺に入る、肺の位置の確認。


等々、いろいろ試してみると、それまでとても苦しかった高音が、とてもラクに出るようになりました!!


これまで、高いFより上の音を吹くとき、首の後ろに力が入り、すごく張っていましたが、それも無くなりました。

あと、30分くらい吹くと、高いGより上の音が出なくなってましたが、3時間近く練習しても、高いAの音が出てくる曲を難なく吹けるようになりました


まだHighBをバンバン出せる、というまでにはなっていませんが、可能性が見えてきた気がします。

バジル先生には本当に感謝しています!

まだまだ、以前の吹き方が抜けないときがあったり、少し混乱してしまうこともありますが、できる範囲で自分の演奏に取り入れていこうと思います。

また疑問点が出てきましたら、質問させてください!


– – – –
ブログ記事などを読んでの体験・感想・フィードバックいつも大歓迎です:
basil@bodychance.jp
– – – –



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *