【金管楽器・音域を広げるには】

– – –
【音域開拓の必要条件】
〜どうしたら、もっと高い音が出せるか?〜




金管楽器の演奏において、演奏できる音域を広げるために必要なのは

– – –
を音を上げたり下げたりする動作をすることができて、

②その動作を自分にいま演奏できる音域、ちょっと難しく感じる音域、かなり大変な音域、まだほとんど無理な音域へとその都度意識的に適用すること
– – –

というふうに記述できます。


①について、息、舌、アンブシュアなど様々な奏法論や研究があります。それらや自身の考えを使い試していきましょう。いつでも考えを変えたり洗練したりできます。


①を欠いた②では、すでに正しい奏法を幸運にも備えている前提なくして上達できません。

②を欠いた①では、演奏能力が鍛えられません。


自分なりの理解・考えと、実践・トレーニングの両輪なのです。


Basil Kritzer

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です