【チューバ・高音域開拓の道筋】

– – – –
【チューバ・高音域開拓の道筋】




高音を開拓するには、確かに「まだうまく出せない高い音」を出そうとする必要があります。そして、最初はあまりよい感じで音は出てこないでしょう。

しかし、「なにがなんでも力づくでとにかく出そう」というのはあまり建設的ではありません。「どんな方法や吹き方で出すか」というところが無視されてしまうからです。

このレッスンでは、奏法的そして音楽的に「やり方」を決めたうえでそれに則ってまだまだキツイ高音域にチャレンジしていきます。


Basil Kritzer

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です