【ホルン・ペダル音域の取り組み】

– – –
【ホルン・ペダル音域の取り組み】
– – –
・低音域でも、ちゃんとプレス。
・アンブシュアモーションをしっかり実行
・顎を引いて損していないか。構え方で解決




Basil Kritzer

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です