【呼吸を意識すると、響きが増えた】

– – –
2018年10月、旭川商業高校吹奏楽部にレッスンに伺いました。とても楽しく、この年で一番印象に残るレッスンでした。そのときの様子はこちら。きょうは受講した生徒さんの感想文のご紹介です。





【チューバ・1年生】

私はアタックを見ていただいて、マウスピースを当てる位置や吹く角度ですぐに直って本当に嬉しかったです。
アタックが汚いのは中学生からの悩みで、ずっと練習していたのですが、こんなに早く直るなんて驚きました。

本番で横に体を向けて、顔を正面に向けて演奏することはできないのでその時の感覚を覚えて、体も正面に向けて演奏しています。そのやり方でも、音色やアタックに影響がないのですが、保つことが難しいので、これからの課題です。

私は、響きの少なさも課題でした。しかし、バジル先生が教えてくださった呼吸を意識して演奏すると、響きが増えました。

ずっと練習していても直らなかったものが、すぐ直るということは、技術面以外でも言うことができると思います。長い期間悩んでいたことでも、よく考え直したら、意外な所に解決への近道があるかもしれません。

バジル先生のレッスンはとても分かり易いし、ユーモアがあって、とても楽しかったです。教えていただいたことを継続していきます。

私は、合奏で緊張してしまうことが多くて、緊張に関する話もとても参考になりました。

また、旭川でレッスンをする機会があれば、参加したいと思っています。お忙しいとは思いますが、あまり無理をせず、お体を大事にしてください本当にありがとうございました。




– – –
吹奏楽部・アンサンブル・オーケストラレッスン→こちら
– – –




ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です