【第1回静岡レッスン会/2019年3月9日(土曜日)】

– – –
【静岡レッスン会 2019年3月9日】

2019年3月9日、静岡市内にて、レッスン会を行うことになりました。




【概要】

〜講座①〜
午前10:00~12:30 「バジル・クリッツァーの金管レッスン」

定員:6名のこり2席

金管楽器を演奏される方を対象としたレッスン会です。

対象を限定している理由は、

・アンブシュア
・練習方法
・音域
・タンギング

といった、金管楽器に共通することを詳しく掘り下げるためです。

また、

・呼吸
・姿勢、身体の使い方

など、参加されるあなた自身の悩み・課題に対し、観察してできる限り効果的な提案をします。

もちろん、希望者にはひとりひとり実際に直接レッスン致します。
実際に演奏、音だししている様子を見て、レッスンします。

楽器を持って、ご参加ください。


〜講座②〜
午後13:30~16:00 セミナー「緊張に向き合って後悔のない本番を向かえるために」

定員:8名のこり6席


《あがり症歴25年の経験》
わたし自身、ピアノを習っていた幼稚園児の頃から、本番になるとアガっていました。
アガる・緊張する。その感覚と怖さをよーく知っています。

そして、いまでもよく、すごく緊張します。

ただ、さすがに25年も向き合っていると対処法や、向き合う術が分かってくるものです。
わたしにわかる限りのことをお伝えし、サポートします。


《お伝えできる主なテクニック》
・表現を基礎中の基礎に据えた、練習の構築方法
・アドレナリンサーフィング
・思考の毒抜き
・聴衆との意識的な関係づくり
・等身大の発見
・技術的プログラミング
etc…

一番大事なのは、「自分はどういう人で、なぜ・どのように音楽と関わりたいか」を正確に把握することだという考えを中心に進めてまいります。



【体験談】

不調に陥る前ですら出来なかったことが、できるようになりました!!
息がスルスル入って行き、決してオーバーブローにはならず、嬉しい音色で鳴ってくれます。
(プロ・トロンボーン奏者 50代)
– – –

アンブシュアモーション。これまで高音が出なくて出なくて、楽譜見てはなんで出せるの??って純粋に不思議に思っていましたが、アンブシュアモーションを取り入れたとたん、とりあえずちっとも出せなかったハイFが毎日出ます。
これも純粋に不思議です。
(ホルン愛好家 40代)
– – –

本番前に完璧を目指そうと焦りただひらすら無機質に練習してしまう。→どんどんできなくなる。→でも練習…そんな苦しい状態から抜け出すきっかけを与えて下さる内容でした。
2週間後に本番を控えた私にとって、この度もとても参考になるものばかりでした。
(フルート愛好家)
– – –

自分が大きく変化し、音楽はもちろん他のことにも、自分を信じて臨めるようになれるなんて本当に嬉しいです。
かなりのプレッシャーがかかる状況で、良い緊張感を保ち、曲を慈しみながらそしてピアノとのアンサンブルを楽しみながら演奏出来ました。
(サクソフォン愛好家 40代)



【受講料金(すべて税込)】

講座① 「バジル・クリッツァーの金管レッスン」
大人16200円
25歳以下8640円
バジルのレッスンを6回以上受講した経験のある方:8640円

講座② セミナー「緊張に向き合って後悔のない本番を向かえるために」
大人16200円
25歳以下8640円
バジルのレッスンを6回以上受講した経験のある方:8640円

両方参加
大人29160円
25歳以下15120円
バジルのレッスンを6回以上受講した経験のある方:15120円



【会場】
静岡市清水区の会場。詳しくはお申し込み後にお伝え致します。


【申し込み】

下記の申込フォームにご記入のうえ、「送信」ボタンを押してください。

なおもし、48時間以内に返信がない場合は、お手数ですが 09098771606 までお電話ください。
あるいは申込になんらかの不備があれば、ask@basil-k.com に直接メール下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

参加講座(必須)
午前(金管)午後(緊張)両方

参加区分(必須)
大人25歳以下6回以上

支払い方法(クレジットカード/銀行振込)(必須)
クレジットカード銀行振込

楽器名/歌のスタイル(必須)

動機・申し込み理由(必須)

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です