【空想の酸素タンクに吸い込んでいないか!?】

– – –
【フルート吹きとの、吸い方レッスン】
– – –
息を吸う時に、息が通っていく場所よりかなり「うしろ」かつ「奥」で吸おうとしているひと、よく出会います。
たぶん、「深く吸おう」というのが原因なのでしょう。




息の単位は、深さ=cm ではなく、量=ℓ(リットル)。


息を「奥」にズボッと吸い込もうとする傾向を、

『肋骨を動かして空気が入ってくるようにする』

という意識に変えてみることに取り組みました。


また、もうひとつの悩みである「喉が詰まる」ということに関しては、頭の動かし方の工夫で劇的に改善しました。


Basil Kritzer


P.S. 吹奏楽部/アンサンブル/オーケストラレッスン再開しました。詳細はこちら


ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です