【呼吸レッスン】たくさん吸う方法のイメージを変えよう

– – –
口を大きく開けて、
ホーッと大きな音をたてて……





息をたくさん吸うには、あるいは息を吸えているかどうかを確認するにはそうやってやるものだと思っていた生徒さんとのレッスンです。

息の入ってくる量は『肋骨がどれぐらい動くか』で考えることにしたとたん、

音がまっすぐ響いて吹きやすくなりました♪

Basil Kritzer


ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です