歳になっても、まだまだ楽器演奏が前進する幸せ

– – –
BodyChanceでレッスンを続けておられる、ホルン愛好家(50代・男性)から、日々の演奏の進展について感想をメッセージで教えて頂きました。





【ステージ上で出来るようになったこと】

マウスピースの左下への移動、姿勢・呼吸の改善、自由な肘・膝、 などを学んだことにによって、


①ハイトーン

・「えっ、今、自分がこの音出したの???」と思うぐらい遥かに楽になった!力まなくなった
・当たる確度が、確実に高まった
・倍音の多い「センター感」のある音が出るようになった
・それを更に大クレッシェンドできる時もあった


②意識するポイントをつかめた

・軸、頭、胸と􏰁、横腹・背中、肘・膝、アンブッシュア、などを練習・ステージ共通して意識することができた


③学んできたことをステージで活かす効果

・BodyChanceで取り組んだ奏法を使うと意識すると、揺れそう(震えそう)になるのが止まった。
・また息が安定して、ふっと入っていった


④音楽体験の変化

・音楽に集中できた! 楽しかった! 聴衆との 接点を感じられた!



以上のように、この歳になっても非常に前向きに、=まだまだ成長できる!という前提でホルンと向き合えるという「幸せ」のきっかけを、BodyChanceのレッスンで創れたのは確かであり、非常に感謝しております。







Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *