【Q&A】管楽器演奏で、喉を使うとき

– – –
タンギングはしたくないけれど、グリッサンド気味にならないはっきりと音が変わるスラーにおいて「喉」で息をうまく止めるコントロールをしてそのようなスラーを実現するテクニックを使っている奏者もいます。




Basil Kritzer


ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です