【低音は基礎ではない〜タイプに合った奏法・練習法〜】

– – –
【低音は基礎ではない〜タイプに合った奏法・練習法〜】




「基礎」という言葉は、建物のアナロジーなので、「低い場所にあるもの」という連想をさせます。

そのため、「低音が基礎」というようなイメージが持たれがちで、いろいろな奏法論や練習方法がどこかそのイメージに縛られて展開されている面があるかもしれません。

このレッスンでは、個々の奏者の奏法的タイプに合わせた練習の構築方法について言及しています。

Basil Kritzer

ブログでは読めない話もたくさん!ぜひメルマガをGET♪

レッスンの申込や出張依頼などについては、こちら!

以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *