『息の支え』でクラリネットの音色が激変!窮屈に感じた p の演奏がラクになる。

– – –
息を吐いているとき、息を吸う動きを「息を吐きながら」やり続けるー。これが息の支えです。




p(ピアノ)になると、音をおさえようとして体が窮屈になってしまいがちですよね。

でも、息の支えの運動を p のときに「プラス」すると、息を吐くのを弱めたり音を消したりというような消極的な方向に行かずにしっかりとコントロールされ自信を持てるような感覚で吹くことができました。


動画中で言及される「息の支え」に関する関連記事はこちら

*この動画は、アレクサンダー・テクニークセミナー北海道 http://basil-at.link/で撮影されたものです*



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *