【横隔膜の使い方と、息の支えを体感できるエクササイズ】

– – –
1:仰向けになります。膝は立てて。
2:息を吸います。
3:お腹を膨らまそうとしなくても!ちゃんとお腹が膨らみます。
4:重めの本をみぞおちのあたりに置きます。仰向けに。
5:息を吸います。すると、本が天井の方に動きます。

ここまでが、「お腹の動き」を知るための工夫。





6:それを確認したら、背中を沿ったりお腹に力を入れることなく、「本よ、もっと天井の方へ動け!」というつもりでもっと息を吸おうとします。

7:すると、息を吸いきったあとでも、まだ本を天井の方に向かって押せると思います。

8:みぞおち、肋骨の下の方の裏側。そのようなあたりに力が入っている感覚があるでしょう。これが横隔膜の力です。

これが、「横隔膜の力」を知るための工夫 – – –



9:立ち上がります

10:さっき知った、「横隔膜の力」を意識します。

11:息を吸うときに、好きなだけ、いくらでも横隔膜の力を使いましょう。

12:そして、息を吐いている間にもこの力を使いたければいくらでも使ってOKです!


これが、「息の支え」を知るための工夫


ロンドンのホルン奏者、ピップ・イーストップさんとのレッスンで教えてもらったことを基に整理・発展させたものです。ぜひ試してみてください!

Basil Kritzer



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *