ミスるから力む

ーーー
やっぱり。
ぼくの場合は「力んでミスる」よりは、「ミスると力む」。
そして、もっと言えば「ミスってほっとく」なら力まないけれど、「ミスったらやり直す」と力む、が実態により近い気がする!
その結果として、力みが加算されてミスる、というよりは能力が落ちてできないことが増える。

メモでした。

Continue reading

【生徒の論理的能力を尊重する教え方】

– – –
わたしのホルン&アレクサンダーテクニークの師匠、ウルフリード・トゥーレさんへインタビューその3です。話題は、わたしがトゥーレさんから続けて学びたいと思った、鮮烈で不思議な体験から、アレクサンダーテクニークのちょっと専門的な哲学の話へと進んでいきます。



Continue reading

【楽器を演奏していて、初めて身体が「ラク」に】

– – –
ドイツの学生時代、あらゆることが行き詰まって挫折し、もう学校を辞めてホルンも諦めようかと思っていた時期がありました。そのどん底の時期に、「辞める前にやれることはやってみよう」と思い直し、訪ねたのがホルン奏者でアレクサンダーテクニーク教師のウルフリード・トゥーレさん。



Continue reading