挫折について

– – –
挫折って、その挫折感や惨めな気持ちや悲しみをそのときしっかり味わっておけば、意外と膿まずに済むのかもしれない。

ぼくは挫折の場面で、「これからどうするんだ…!?」っていう恐怖感と焦りが、挫折感を感じ尽くすことをやりそこねて捻れちゃった面があった。

Continue reading

顎の不調×呼吸の不調×ど緊張=得るもの多し

– – – –
昨日、実に久しぶりに人前で(といっても少人数、クローズドな場ですが)ソロを演奏しました。Klassenvorspiel=クラス発表会という、わたしのドイツでの学生時代のトラウマを大いに刺激しまくり、しかも教える側がみっともない演奏なんてできない〜という気持ちになってしまいそうな状況なのでありました。

そんな中でも、学ぶことがたくさんありました。

Continue reading

「頑張る」ということ、そして「責任感」について

自分にとってものすごく大事だったり、愛していたりすることに関しては、ときには自分の体調やほかの大切なものを一時犠牲にしてでも頑張るってことは当然ある。それは責任感というものだ。

でも、「他人に迷惑をかけるから」とか「周りが頑張っているから」自分を犠牲にするのはかなり危ない。

Continue reading