【マーチングの癖】


【マーチングの癖】

高校生ホルン吹きが、レッスンにやってきた。





すぐ気付かされた特徴が

◎音がデカイ。そして直接的。

◎吹いていないとき、楽器をずいぶん体に引き付けている。

◎すごく素早く構える。

◎いつも素早く息を吸っている。


…会話していると、そのいずれもが中学時代のマーチングの経験が起源だった。

全てマーチングでは必要だったはず。

そこでやったことは、、、



①音がデカイ。そして直接的。

右手の入れ方をオーケストラのスタンダードなやり方で。そして、クラシカルかつリリカルな曲を吹いてもらう。

音がまろやかに。そして柔らかになった。


②吹いていないとき、楽器をずいぶん体に引き付けている。

膝の前の方に楽器を置き、腕を伸ばしてもらう。そこから肘曲げ&肩関節からの前方腕上げ。

楽器が高く、軽く持ち上がり、音が軽やかに。


③すごく素早く構える。

マウスピースを見ながら、マウスピースを口にくっつけることを考えてもらいつつ構える。

素早く構える癖は消え失せ、余裕が生まれる。


④いつも素早く息を吸っている。

鼻からゆっくり息を吸ってもらい、肋骨の挙上と拡大を実感。息を吸う=肋骨の動きと意識してもらう。

吸うときの雑音がなくなり、余裕あるのに実はよりたくさん据えた!



癖は、異なる文化や環境に適応して身に付けた技術のこと。

現在に望ましいスキルを理解し実践すれば、あら不思議、癖は消え失せ演奏がすっかりみちがえました。

Basil Kritzer



以下はバジルが8年在籍したアレクサンダーテクニークのスクール「BodyChance」で書いていたメルマガです。




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *