【息の支え力・トレーニング】

〜息を支える力〜




息の支えとは、

『息を吐くときにほうっておいたら凹むお腹・しぼむ胸を、膨らんだままに保つこと』

です。

この保つ力は、「息を吸う力」です。



【支え力トレーニング】

①息をゆっくり、鼻から吸います。

②そうすると、肋骨が持ち上がる・お腹が膨らむなどの動きがおきます。

③徐々に吸う長さを伸ばして、2の動きをもっと促します。

④かなりお腹が膨らみ肋骨が持ち上がるところまで吸ったら、

⑤その状態を10秒ほどキープします。

⑥そのときの感覚をなんとなく印象に残しておきます。

⑦楽器で音を出すか、声を出すときに、息を吸ったならば、

⑧吸ったときの膨らみ・持ち上がりを5のときのようになるべくキープしながら

⑨音を出す・声を発します。


さて、

・音色
・響き
・音量
・やり心地
・体のバランス

などはどうなりますか?


– 静かな音
– 落ち着いた音色
– 長い音

の演奏にとくに役立つと思います。

ぜひ試してみてください。


Basil Kritzer



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *