【アンブシュアモーションの分かりやすい例vol.1】

– – –
すごく好きな奏者、Johannes Dangler さん。ミュンヘンオペラの方です。




音を上がる時に、本人にとってマウスピースが左上へ、
音を下がる時に、本人にとってマウスピースが右下へ、


動いているのが実に分かりやすいです。

この動きは、アンブシュアの筋肉および手・腕によるものです。それを『マウスピースとアンブシュアの一体的動き』と言語化します。

楽器ではなく奏者によって、その奏者の個性として、動きが分かりやすいひとから全然目立たないひとまで幅広いです。

しかし、分かりやすさとは関係なく、基本的に誰でも必ず動いていると考える方が事実に近い、もしくは実践上有益と考えています。

レッスンでは、ほとんどの場合、チェックしています。


Basil Kritzer


P.S.バジル・クリッツァーの『完全1to1ホルンレッスン』始まります!



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *