【ワグナーチューバの吹きやすい構え方】


レッスンに、なんとワーグナーチューバを持ってこられた方がいました。





ワーグナーチューバは基本的にホルン奏者が演奏する楽器。

ふだん吹くフレンチホルンとは膝に置く、マウスピースの位置がちがう、マウスパイプや楽器の巻きなどの角度・幅がちがう、といった点で勝手が異なります。

いろいろ試しているうちに気付いたのが、マウスピースを口に合わせるために左腕を後ろに引っ張っていた。



腕を後ろに引っ張るのは、演奏に意外にもブレーキをかけることが多いのは分かっているので、いったん解除。



次に、

①見るところに対して左向きに座り、

②楽器を右膝に置き、

③顔を右に向けて

④胴体を前方に動かしつつマウスピースと口をくっつける


ようにすると、

こんな感じに。



腕を後ろに引っ張ってないのがわかりますよね。

吹いてみると、吹き心地も鳴りもガラッと良くなった。

実は、これホルン・フルートの構えかたの鏡写しバージョンでした。

ぜひ、試してみてね!

Basil Kritzer






Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *