奏法をイジリ回すのではなく….

– – –
何かできないことやうまくいかないことがあると、「それは奏法に問題があるからではないか….?」と不安がって、奏法をイジリ回す…。
それってもう、中学生からベテランまでよくあることです。


このループにはまってると、努力はすごいしているし苦労もしてるけれど、「練習」はあまりできてないんだよねー。




奏法については、不安からランダムに「ここがダメかも」「あそこがダメかも」と首を突っ込んでも、そもそもダメじゃないかもしれないんだし、積み上がっていかない。

できないことがあるなら、「何がダメか?」が問いなのではなく、「どういうテクニックが必要で、どういう練習をしてみることから始めようかな?」と問いたい。



〜まとめ〜

①「自分のペースで、納得できるやり方や楽しめるやり方だけ使って練習する」

② それで出てくる、たとえばもっと高い音を鳴らしたい、などの次の課題については「どういうテクニックが必要で、どういう練習をしてみることから始めようかな?」と考えてみる。決して、「奏法のどこがおかしいからできないんだろうか?」と考えない。

③ 2で考えたことを実験する。考えたことを意識して実行しながらやったときと、何も意識しない(いままで通り)と、どっちが自分は好きかで選ぶ。

④ 3で選んだことを、また意識して実行する。迷ったらまた、意識するのと何も考えないのとで結果を比較し、自分で選ぶ。



Basil


Basil Kritzer



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *