体がそっくり返る癖を直すと、呼吸がしやすくなって、吹きやすくなった!

– – –
ベテランのトロンボーン愛好家とのレッスンです。




日本のアマチュア演奏家たちの熱心さとレベルの高さにはほんとうに驚嘆させられます。

このレッスンでは、
・楽器を構えるときの癖を変える工夫
・これから出す音に最適化した構え方の実践
・アンブシュアや呼吸の邪魔にならないベルアップ法の工夫

をしました。

どのフェーズでも、実験するとすぐに改善するのがはっきり分かりますね。

Basil Kritzer



2 thoughts on “体がそっくり返る癖を直すと、呼吸がしやすくなって、吹きやすくなった!

  1. trbの、じゅに、です。いつもメルマガをいつも拝読しています。
    今回の動画を見て、自分自身の最近の経験を思い出しまた。
    もともと歯の形の関係で、先生から楽器をやや下向きになるよう口に当てることでまっすぐ当たっているよということで吹いてきましたし、特に不自由は感じていませんでした。
    先日、某来日オケのtrb奏者に指導を受ける機会があって、そのなかでもう少しスライドを上げて吹くようにと言われました。
    確かに少し上向きにしても姿勢はそっくり返るほどにはならず、むしろ頭部が体幹とまっすぐになる感じで胸が広がって息の出し入れがさらにスムーズになり、ブレスの量が一層増えて幅広いスラーの跳躍もラクにできるようになりました。
    思い込みを修正してもらってありがたかったです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *