【練習すること】

– – –
新訳:Singing on the Wind です。前回はこちら





【練習すること】

練習とは、目的に対する手段です。

どんな目的に対するどんな手段かというと、それは、練習とは音楽を望むように演奏するための能力を獲得するための手段だ、ということです。

したがって、効率的な演奏技法を発展させることが最重要となります。


専門的に学ぶ者であれば、自身の演奏技法を洗練させていくための時間を1日に数時間確保できるよう、状況を整えるべきでしょう。

そうしてはじめて、プロフェッショナルな奏者としてやっていくのにふさわしい演奏技法を身につけることができます。


プロフェッショナル奏者は、ウィームアップのルーティーンと、自身の技法を維持するようなエクササイズ・練習パターンを必要とします。そうすることで、毎日の仕事のプレッシャーや負担のなかでもやっていく術をマスターするのです。


– – –
続く
– – –



〜【もっとうまくなりたいホルン吹きのためのセミナー】〜
日程:2018年 6月23日(土) 13:00 〜 17:30 & 6月24日(日) 10:00 〜 16:00
場所:BODYCHANCE東京新宿スタジオ
講師:バジル・クリッツァー

詳細や申し込みはこちら



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *