「胸を張る」ような姿勢を変えて、音の飛びがグッとよくなった!

– – –
腕や肩を後ろに引いて胸を開くような姿勢で演奏することに慣れていたベテランホルン演奏愛好家。




やり慣れた肩や腕の使い方をちょっとだけ変えると、
すぐに音の響きがふくよかに。

それから、息を吐くための腹筋運動(お腹を凹ませる・押し込む)ことを組み合わせると、演奏の正確性も音の飛び(志向性)もぐっとアップしました。

最後にアンブシュアモーションの把握と意図的な活用で、さらにさらに素敵な改善が進みました。

Basil Kritzer

P.S. あなたもこういうレッスンを受けて、演奏に役立つ理論や知識を吸収しませんか?


〜【もっとうまくなりたいホルン吹きのためのセミナー】〜
日程:2018年 6月23日(土) 13:00 〜 17:30 & 6月24日(日) 10:00 〜 16:00
場所:BODYCHANCE東京新宿スタジオ
講師:バジル・クリッツァー

詳細や申し込みはこちら






Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *