ピアノ演奏のための身体の使い方を考える〜肩こりの悩みを出発点に〜

– – –
弾いていると肩が凝るということを相談してくださったピアニストさん。




①腕の動かし方
②腕の動きをサポートする姿勢のウォームアップ
③腕と目線の協調


をウォームアップするにつれ、肩凝りは感じなくなり、さらには響きがずいぶんと豊かになりました。

Basil Kritzer


*この動画は、アレクサンダー・テクニークセミナー北海道 http://basil-at.link/ で撮影されたものです*



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *