プレスは悪いものじゃない。むしろアンブシュア形成のための必要要素なんです。

– – –
『口が閉じてしまう….プレスしてしまう…』と悩んでいたプロのトランペット奏者の方とのレッスン。でも、実はプレスも口の閉じも、アンブシュア形成の必要要素。だから1ミリも「悪い事扱い」したくないところ。さあ、どうしましょう?




・奏者自身のアンブシュアタイプに則り、
・奏者固有のアンブシュアモーションに沿って
・鳴らしたい音を鳴らすために必要な動作量を調べていく

このことで、アンブシュアモーションが間に合わなくなることからくる「無理やりプレス」がとても減りました。音もすっごく豊かになります。

*この動画は、アレクサンダー・テクニークセミナー北海道 basilーat.linkで撮影されたものです*

Basil Kritzer



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *