アンブシュアにはお仕事がある〜トランペット奏者とのレッスン〜

– – –
音があまり「通っていかない」「響かない」ということを気にしていたトランペット奏者とのレッスン。




お話を伺うと、アパチュア(上下の唇の開き)を開けておこうという意識や、唇に力を入れてはいけないという意識で演奏されていました。

・唇を閉じ合わせることを前提にしたアンブシュアのセッティング
・アンブシュアモーション
・唇を「弾く」感覚


をレッスンしていきました。

Basil Kritzer


*この動画は、http://basil-at.link/で撮影されたものです*



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *