否定形の置き換えはやっぱり効果的

ーーー
きょうのレッスンでの一幕、

ベテランめちゃうまアマチュアトランペッターとのレッスンで、音を生むための息圧を作るときに骨盤が後傾し下半身が連動しないような動きになっていて、直接下半身の使い方をレッスンテーマにしようかと思ったが、





尋ねると

『音が突き抜けすぎないように』

と意識しているとのことだったので、

『頭が動いて身体全体をついていかせながらすこし静か目に吹く』

という具体的能動的なプランに置き換えたら、



とたんに骨盤と下半身は難なくついてきて連動して音がまろやかに響きだした。



否定形消極的な意識またはプランを、望む結果のための具体的能動的なものに翻訳するのは少し『国語力』と変に思える発想を採用する好奇心は要るけど、

やってみると実に簡単で効果的だから、改めてびっくりした。




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *