仙台でのたのしい2日間

– – –

昨日、一昨日と仙台におりました。



1日目は宮城県立仙台第三高校で複数校合同で講座でした。



午前中は1to1レッスンのマスタークラスを。
午後はモデルバンドへの指導への提案&実験レクチャーを行いました。

吹奏楽団を指揮・指導する方々の、ふだんの全体指導の様子を実際に見せてもらって、その流れの中で指揮者・指導者の方々や演奏者のみなさんにいろいろとフィードバックや提案を行っていく。

このスタイルは2回目ですが、とても楽しく、効果的で面白いことがわかってきました。 今後もこういった試みがどんどんできるといいな(^^)

お世話になった皆様に感謝申し上げます。



2日目は、プロのトランペット奏者の方との 1to1 レッスンを行ってから、日本音楽家ユニオンによる、主に演奏や指導を生業とされている方々むけの講座を担当しました。

1to1レッスンを受講された方とは、アンブシュアメカニクスに着目して、アンブシュアの使い方と練習のやり方を少し提案したら、みるみる調子が整っていき、素敵な笑顔で帰っていかれました。

アンブシュアのメカニクスに関し、この1年間でわたしの中で理解が大きく進んで自分の演奏にも、トップレベルの演奏者の方々の演奏にも貢献することがグンと増やせてとても嬉しいです。

午後の講座では、様々な楽器の方とレッスンを行い、また指導法に関する考え方や工夫の仕方なども積極的に共有しながら充実の3時間であっという間に終わりました。



仙台も気づけば6回目。

だんだん街に慣れて、とてもいい気分で過ごせた二日間でした。

この縁と幸運に感謝あるのみです。



Basil Kritzer



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *